第57回グラミー賞

2015-02-14

グラミーアカデミー賞が見たいが為にWOWOWの契約が切れない、そんな私が綴る気ままで無責任な感想です(^^;
諸々ごまかそうと画像多めとなっております。

それでは、行ってみよーーー!

今年はアーティストによるパフォーマンスが多かった。その中でも私の印象に残ったものを挙げていくと・・・

image
カニエ・ウエスト
下からの逆スポットライトのみの演出なのに、見せるんだよなー。

そしてそして
image
マッド〜ンナ

はい、もひとつ
image
どーんっ!
56才にして、このスタイル!このコスチューム!
いやはや、やってくれますな。
若干、動きにキレがなくなってきたとは言え、たいしたもんです。
最後には宙吊りになっておられました。

アカデミーパフォーマンスと言えば、レオタード姿が定番なんですが(違う)、今年はしっとり系が多く

 image
あのビヨンセだって、こう

imageバックスクリーンの影の演出がステキ
ケイティ・ペリーもこう

 image
レディー・ガガでさえ
(って、ただのエロババァか)
しかし、このトニー・ベネットさんとのデュオは良かった〜。
JAZZも歌えるガガの芸の幅の広さを感じた。

 image
(左から)ジョン・メイヤーキース・ジャレットエド・シーラン
私にはなぜかエド・シーランが秦基博くんの外国版に見え・・・。

image
エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)の登場に
image
ポール・マッカートニー
image
テイラー・スイフトものりのり。
テイラーちゃんはとてもキュートですね。
誰かが受賞する度にいち早く喜んでいたのは彼女です。

image
ポールさんだって、リアーナとカニエと世代を超えてコラボしたり

 image
スティービー・ワンダーアッシャーがコラボしたり・・・
どうです?このアッシャーの人の良さそうな笑顔 (*´∀`*)
image
ご本人様の前でモノマネしても許されるわけです(笑)。

image
ファレル・ウイリアムスの『ハッピー』はほんとにハッピーな曲♪♪ 

 image
顔を一切出さないシーア
壁の方をずっと向いたまま(左)歌わはりました(^^;
女の子達の踊りがかなり変で独特。

 というわけで、今回のグラミー、蓋を開けてみれば
image
サム・スミスナイトだったわけで、主要4部門のうち3部門も受賞されました☆

相変わらずですが、誰が何を受賞したのか、さっぱりわからんブログですf(^^; 
受賞の詳細はこちらまで→WOWOW

—総括―
当たり前だけど、みんな上手いんだなぁ。そして“見せる”ということにおいて一流なんだよなぁ。
さすがショービジネスの国アメリカ!言っちゃ何だけど日本は敵わないなぁと思っちゃうのです。。。

長々と失礼しましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。